TOP > 講座案内

介護福祉士実務者研修


実務者研修とは

 介護福祉士を目指すステップの資格です。平成29年度より国家試験を受けるためには、必ず受けなければいけない研修となります。また、平成27年度まで研修を受ければ、国家試験において、実技試験が免除になります。
実務者研修修了者は、介護福祉士と同様にサービス提供責任者になることができますので、就職にはとても有利になります。
法定の授業時間は、全20科目450時間+医療ケア演習(2日程度)です。すでにヘルパー2級、1級、介護職員基礎研修の資格保持者は、科目免除があります。



法律改正で資格制度が大きく変わりました

急速な高齢化に対応し、優秀な介護職員が求められています。法律改正では、介護の仕事で働き続けられるようにキャリアパスを明確にしました。
実務者研修は、その中核に位置づけられる制度です。





実務者研修のカリキュラムと受講時間について

カリキュラム 資格取得者
科目内容 時間数 ヘルパー2級 ヘルパー1級 介護職員基礎研修 無資格
人間の尊厳と自立
5時間
- - -
社会の理解Ⅰ
5時間
- - -
社会の理解Ⅱ
30時間
- -
介護の基本Ⅰ
10時間
- - -
介護の基本Ⅱ
20時間
- - -
コミュニケーション技術
20時間
- -
生活支援技術Ⅰ
20時間
- - -
生活支援技術Ⅱ
30時間
- - -
介護過程Ⅰ
20時間
- - -
介護過程Ⅱ
25時間
- -

介護過程Ⅲ
45時間

スクーリング




-

発達と老化の理解Ⅰ
10時間
- -
発達と老化の理解Ⅱ
20時間
- -
認知症の理解Ⅰ
10時間
- -
認知症の理解Ⅱ
20時間
- -
障害の理解Ⅰ
10時間
- -
障害の理解Ⅱ
20時間
- -
こころとからだのしくみⅠ
20時間
- - -
こころとからだのしくみⅡ
60時間
- -
医療的ケア 50時間
医療的ケア演習 スクーリング(α) 1日:5回
実務者研修受講時間 320時間+α 95時間+α 50時間
460時間+α

※スクーリングとは、教室で教員と直接対面して授業(講義、演習、実習)を受けることです。
※喀痰吸引1号/2号取得者は医療的ケアが免除になります。




研修概要

研修概要はこちらからご確認ください。



学則

学則はこちらからご確認ください。





▲page top